安全な賃貸はどう選ぶ?チェックポイントを解説


オートロック付きがベター

安全のためにもできればオートロックがあると安心と言えます。オープンな物件ですと誰でも簡単に入ることができてしまいますので不安がありますが、オートロックなら一定の防犯効果があるはずです。大体がマンションの設備となるために家賃が高くなる可能性があるものの、安全性重視で選びたい人は予算を多めに見積もるのが良いかもしれませんね。

できれば一階は避ける

なるべく二階以上の部屋を選ぶのもポイントです。一階ですと道路から簡単に見えてしまったり、ベランダにも侵入できる構造だったりします。覗きや洗濯物の盗難といったリスクもありますので、最低でも二階以上の方が安心と言えるでしょう。ただ、不審者が電信柱や非常階段などから侵入をしてくるケースもあるため、周囲に侵入経路がないかどうかの確認も行うのが無難ですし、内見へ行く際には外観からも物件を観察してみると良いでしょう。

人通りの多さをチェック

静かにゆっくりと過ごすのなら人通りは少ない物件の方が快適と言えますが、防犯の観点から考えると、ある程度は人通りがあった方が良いかもしれません。特に夜は人がいなくなるような環境ですと、不審者がウロつく可能性が高まります。また、夜間に帰宅をすることが多い人は、人通りが少ない中、夜道を歩くのも心配ですよね。そのため気になる物件があった時には、昼間だけでなく夜の様子もチェックしてみましょう。歩いている人や街灯が少なく、怖さを感じる環境ならば、その物件は避けるのが無難かもしれません。

登別の賃貸マンションやアパートの情報を満載したWebサイトは、エリアや沿線を選んで住宅情報を探すことができます。