賃貸住宅を借りるときの引越しで注意すべきこと


入居日をよく確認すること

これから賃貸住宅を借りようと考えている人は、引越しをする必要があります。引越しをする時でも、問題になるのは、家族で引越しをする場合でしょう。ある程度大きなマンションなどに居住する場合はそれほど問題ありませんが、小さなアパート等に居住する場合は引越し会社同士が重なってしまうこともあります。この時、玄関前に別の業者がトラックを置いていたとすれば作業が遅れてしまい予定が狂うことも考えられるでしょう。可能な限り、他の人と時間帯や日時が重ならないように平日の昼間や夕方などに依頼するのが良いです。特に、平日の夕方から引越しをする人は少ない傾向にありますので、その分料金が安く設定されていることも考えられます。

建物によって若干料金が変わる

賃貸住宅に引越しをする場合、荷物の量や距離等が同じでもその物件の造りによって料金が変わるようなこともあります。よくある例は、2階より上に居住する場合です。引越し業者としては、入り口が2階以上になると荷物を運ぶ負担が非常に大きくなってしまいます。もしエレベーターがついている場合には追加料金は無い可能性が高いですが、2階建てのアパート等のようにエレベーターがついていない場合はその分引越し料金が割り増しになる可能性があるでしょう。もし、少しでも料金を安くしたい場合には、可能な限り自分たちで運ぶことができるものを事前に運んでしまうことです。特に、近くに住んでいる場合には、あらかじめ運べるものを事前に移動してしまった方が料金が安くなる可能性が高いです。

苫小牧の賃貸物件の家賃相場は、3LDKで約5.5万円と札幌周辺と比べ約0.5万円の安価です。周辺は、フェリーが入港する港があり、多くの観光客が訪れる地域となっています。

詳しくはこちら