資産価値が下がりにくい注文住宅を徹底解説!


注文住宅の選び方について

注文住宅を建てるときは、一生涯この場所で住み続けたいという人や、老後はお家を売却したいと考えている人、将来は誰かに貸したいなど、人によってさまざまでしょう。また、一生建てたお家に住もうと思っていても、予想もしていなかった転勤を言い渡されることもあります。注文住宅を建てた後、これから先に環境の変化がないとはいいきれないのです。もしも物件を売ることがあったときを見据えて、できれば資産価値の下がりにくい土地を選んで注文住宅を建てると良いでしょう。後悔のないように、土地探しは慎重に吟味する必要があります。

資産価値が下りにくい物件の要件をご紹介

土地や中古物件はトレンドもあって年々変動はありますが、10年以上資産価値が下がらない人気の土地や物件の条件というものがあります。それはどういった土地かというと、最寄り駅から家までが近距離であることです。徒歩5分以内の新築物件ですと高額になりますが、中古だと割安なので買い手がつきやすくなります。それに加えて最寄り駅の鉄道が、普通電車だけではなく、急行電車が停まるような主要駅なら資産価値はさらに上がるでしょう。そして、商業施設や学校施設、医療施設など、住環境が充実しているところは高く売れやすいです。また、中古は割安なので広い物件を求める人が多く、70平方メートルから90平方メートルあたりの広さのファミリータイプが需要があります。住宅は古くさくなく、管理がきちんとしてある物件ほど資産価値は高まるでしょう。

横浜の注文住宅の実績が豊富な施工業者に依頼する方法も取れます。事前に相談をしてから依頼するかどうかを決める事も可能です。