あなたの企業は大丈夫?賃貸オフィスへの移行が最適な3つのタイミング


自社ビルに掛かる経費が資金繰りを圧迫している!

新聞やテレビで有名企業が自社ビルを売却して賃貸オフィスに移った、というニュースを一度は見聞きした人も多いのではないでしょうか。企業が賃貸オフィスに移行する理由は様々ですが、ここでは移行した方が良い最適なタイミングを見ていきましょう。

まず第一のタイミングとして賃貸オフィスをおすすめできるのが、財務面で負担が大きくなっているときです。例えば自社ビルが老朽化して補修費用が高騰していたり、自社ビルに掛かった初期投資費用の返済が困難になったときなどです。自社ビルを売却して、賃貸オフィスに移行することでこれらの問題を解決できます。

企業イメージや社風を変えたい!

企業が出直しを図るときにも賃貸オフィスへの移行はプラスに働くことがあります。それまで持っていた企業のカラーや社風を変えることが賃貸オフィスへの移転で簡単にできるためです。環境企業を自認しているなら、自然の豊かな場所に移るなど周辺環境の変化によるプラス面も見逃せません。

また業績が芳しくない企業の場合は、社員に見合った適切な規模のオフィスに移ることで、経緯を削減できるメリットもあります。

事業や営業エリアを拡大したい!

業績が好調で新しい事業を始めたいといった場合や、新規営業エリアの開拓を考えている場合も自社ビルから賃貸オフィスへ移ることで、大きな成果を上げることが可能です。

賃貸オフィスならば自社ビルよりもフットワークも軽くなるため、社員の増加に応じてさらに大規模なオフィスに移ることも容易です。上り調子の企業が次々と賃貸オフィスを移転するのも、これが理由の1つです。

会議のために賃貸オフィス 中央区を探すなら、駅前など立地条件を最優先したほうがいいです。場所によってあまり予算が変わらないからです。

賃貸オフィスの渋谷の情報