リーズナブルな契約で賃貸物件を借りると良い


賃貸マンションにより異なる敷金や礼金

これから住みたい地域で賃貸マンションを借りる予定で、不動産会社に相談して賃貸マンションを探す場合、物件によって敷金や礼金には違いがあるので気を付けましょう。敷金というのは、0か月から2か月まで設定されているのが一般的です。簡単に言ってしまうと、敷金がかかればかかるほど、より良い条件の物件になります。その反対に敷金がかからない物件は物件としての価値が乏しいため、敷金を0にして魅力を出して借りてもらうという意味あいが強いです。礼金についても同様のことが言えるでしょう。敷金は退去するときにハウスクリーニング等が行われるため、かかった費用は最初の契約でお金を入れた敷金から差し引かれます。ですから、綺麗に家を使っていれば、それだけ清掃費等がかからないので、敷金の大半は戻されます。礼金はその名前の通り、お礼のお金なので最初に入れた分は戻ってきません。

手数料やこだわりを考えて家を借りる

賃貸マンションを借りる時にかかってくる敷金や礼金の他に一般的には不動産会社に支払う手数料があります。この手数料の相場は家賃の一か月分とされています。最近ではこの手数料を半月分に設定して、手数料半額を売りにする不動産会社も出てきています。家を借りて生活をスタートするにはさまざまな費用が発生するので、借りる側にとっては手数料が半月分になっている物件は嬉しいでしょう。初期経費を重視するのか、交通の利便性を重視するのか、住みやすい間取りを重視するのか、何を基準として考えるかで借りる物件も変わります。

新札幌の賃貸物件のうち、1Kの間取りで家賃を比較すると、最寄り駅に乗り入れる札幌市営東西線の大通駅よりも、およそ12,000円安価で借りることができます。

公式サイト