外観だけではない!快適に住むためには機能性も考えた家造りを!


四季を通じて暮らしやすい工夫をしよう!

家を建てるときは、家の入口である玄関のドア選びにこだわる人も多いのではないでしょうか。おしゃれな木目調の木のドアなどは人気がありますが、どうしても木材は老朽化が早くなります。雨風によって黒カビが発生する可能性もあるので、こまめなメンテナンスが必要です。朽ちてくると隙間風が入るようになって、冬場寒くなることもあります。今は丈夫なアルミ製でも木目調のおしゃれなドアもあるので、そうしたものを選ぶことで四季を通じて快適に暮らせるでしょう。

屋根や外壁はカラー選びも大切ですが、同時に防水や遮光に関しても考えておくべきです。冬温かく、夏涼しく過ごすためには、どのような外壁や屋根にするかも関係してきます。塗料によっては防水効果や紫外線を防ぐ効果に優れているものもあります。業者の人としっかり打ち合わせをして、機能面でも安心できる外観作りを考えていきましょう。

掃除や片付けがしやすい家にするには?

せっかく素敵な家を建てたのに、家の中が散らかってしまっては勿体ないですよね。綺麗に片付いた部屋にするためには、実は家を建てる際の工夫も重要と言えます。

例えば整理整頓しやすい部屋にするには、収納が必要です。家を設計する時点で、収納スペースをたくさん設けていれば細々とした荷物もすっきり片付けやすくなるでしょう。特にトイレや玄関など狭い空間こそ、収納機能を充実させたいものです。

清潔に保つために、掃除しやすい材質の床にしておく手もあります。トイレやお風呂の床はタイルを張る場合もありますが、タイルとタイルの間の溝の隙間が広くなるとゴミや埃が溜まりやすくなります。大きめのタイルを隙間なく埋めるなどの工夫をしましょう。

1000万ではシンプルな家が、3000万だと立派な家が建ちます。2000万の家はこだわる所と抑える所のメリハリをつけると理想の家が建ちます。住宅ローンがアパート並みに安くなるのでオススメです。