部屋探しを行う時に暖房設備のチェックが欠かせない理由とは!?


外気温との温度差が大きい冬場に光熱費のピークが来る

エアコンの省エネ化が進んでいる現代では、外気温との差が少ない夏場の冷房費は冬場と比較しても少ない傾向にあります。なぜなら、ヒートポンプユニットを使ったエアコンシステムは、外気温との温度差が大きいほどフル稼働することになるからです。冬場の暖房設備を確認しておけば、どの組み合わせならば快適性と暖房費のバランスが良いか確認出来ます。夏場はエアコン一択ですが、冬場は様々な暖房設備を利用できる違いがあります。

都市ガスまたはオール電化を選ぼう

暖房設備を考える際には、給湯器のことまで考慮して総合的に判断する必要があります。灯油を使ったファンヒーターの使用可否に加えて、オール電化ならば暖房能力が不足していないかというエアコン性能チェックも欠かせません。冬場は冷たい水を加熱して給湯する必要があるので、プロパンガスの高額料金では光熱費負担が高すぎるので、少なくとも都市ガスまたはオール電化の部屋を選ぶと良いです。暖房設備の確認は、給湯方式の確認まで行うことで全体的な光熱費を考慮出来るようになります。

床暖房の部屋があったら快適性が高い

光熱費という面ではやや暖房費が増えるものの、床暖房の設備が入った部屋があれば快適性が高くなります。床暖房ならば灯油を使った暖房とは異なり室内の空気が汚れる心配がなく、エアコンのように頻繁に室内の空気を循環させなくても床面からじんわり温かいです。自然な暖かさを感じることが出来るので、寒さが厳しい地域であっても床暖房付きなら快適性が高くなります。どうしても寒い時だけエアコンを併用すれば良いので、床暖房のメリットは大きいです。

寒暖の差が激しい旭川を快適に過ごすには、冷暖房が欠かせません。旭川の賃貸では、予め冷暖房が完備されているのか、自分で取り付けることが可能なのかといった点を考慮することが大切になります。

新札幌の賃貸の情報